須信金ゲートボールは松が丘優勝

狙いを定めて長距離のショットを決める出場者

 須賀川信用金庫(加藤敏彦理事長)の第11回須賀川信用金庫親善ゲートボール大会は8日、44人が出場し須賀川市民スポーツ広場で行われた。
 開会式で大木正一理事、高橋邦夫市ゲートボール協会長があいさつし、菊地末義市ゲートボール協会審判部副会長が競技場の注意、大木理事、高橋会長らが始球式を行った。
 競技は8地区のチーム戦で、2コートに分かれて予選リーグのあと、各上位2チームが決勝トーナメントで順位を争った。
 出場者たちはチームメイトと相談しながら戦略を練り、難しいショットが決まると大きな歓声を上げ、盛り上がりを見せていた。
 成績は次の通り。
①松が丘②滑川③下小山田④松塚