天栄村役場入り口にサーマルカメラ

手指消毒時に自動で検温するサーマルカメラ

 天栄村は3日、役場入り口に非接触で体温を測れるサーマルカメラを設置し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する。
 村は感染症対策の一環として、サーマルカメラを湯本支所や小・中学校、へるすぴあなど村内公共施設に計7台導入する。役場には8月の成人式で使用した機器を先駆けて設置し、他施設には今月中を目途に導入する予定。
 機器は液晶と一体型で、役場入り口に同じく設置されている消毒用アルコールで手指を消毒すると自動的に体温を計測する。画像を自動で解析し、マスクを着用していない場合、マスク着用を促すアナウンスが流れる。
 役場を訪れた村民らは真新しい機器物珍しそうに見ながら、手指消毒、体温測定を正しく行い、感染症対策を実践していた。