乳幼児のロタウイルスワクチンが予防接種に

 須賀川市は10月1日から乳幼児に多く起こり重症化のリスクもあるロタウイルス胃腸炎を防ぐワクチンを定期予防接種に加え、無料接種により安全・安心な子育てを支援する。
 厚生労働省によるとロタウイルスは感染力が強く、ふつう5歳までにほぼ全ての子どもが感染するといわれている。大人も感染するがほとんど症状はない。しかし乳幼児が感染すると激しい症状が出ることが多く、水のような下痢、吐き気、おう吐、発熱、腹痛などが現れ、場合によっては入院も必要になる。5歳までの救急性胃腸炎の入院患者のうち、40~50%はロタウイルスが原因とされている。
 ワクチンの定期予防接種は今年8月1日以降に生まれた子どもが対象で、市指定医療機関であればどこでも受けられる。生後6週~24週が対象のロタリックス、生後6週~32週が対象のロタテックの2種類があり、効果に違いはないが摂取回数がロタリックスは2回、ロタテックは3回と異なる。ワクチンはシロップ状の液体で、経口により摂取する。
 接種後の注意として、特に初回接種後1~2週間は腸重積症にかかりやすくなるとされており、経過を見守る必要がある。
 なお定期予防接種の対象とならない7月31日以前に生まれた人にも従来通りの市助成制度を受けることができる。
 助成金額はロタリックス、ロタテックのいずれの場合も規定回数を行うと2万4000円補助する。
 問い合わせは市健康づくり課(℡88―8122)まで。