10月3日から市立博物館テーマ展

 須賀川市立博物館のテーマ展「古文書からみた須賀川市域の江戸時代・村の暮らし」は10月3日から11月15日まで開かれる。
 同館と東北大東北アジア研究センター上廣歴史資料研究学研究部門の主催。
 同館の古文書はこれまで資料の膨大さなどから目録のみを整理し、必要に応じて内容の展示などしていた。同館と同大は昨年夏から継続的に所蔵品や市民から預かった古文書を写真撮影して整理し、地域史の研究などにより役立てやすくする共同調査を進めている。
 調査は現在も継続しているが、テーマ展ではその成果の一端を公開し、地域の歴史に光を当てる。
 主な展示資料は江戸時代の中期から後期に遺された旧滑川村庄屋の桑名家文書、旧松塚村名主の小針家文書など。
 庄屋や名主、村役人が百姓の生活を守り、領主との交渉を通して村落の運営に努めていた様子、年貢や耕作、災害や祭りなどを古文書からひも解く。また当時の地図なども展示し、想像を広げる。
 会期中の催しとして、ギャラリートークは10月11日午前11時から、東北大同研究部門の野本禎司さんを講師に迎え、展示資料を解説する。
 観覧料は大人200円、大学・高校生100円、中学生以下、65歳以上、障がい者は無料。開館時間は午前9時から午後5時まで。会期中の休館日は毎週月曜日と11月4日。
 なお現在開いている企画展「帰ってきた阿武隈考古館」、令和の暮らしの写真を募集する「博物館とプレゼント交換しよう」は今月6日までとなる。
 問い合わせは同館(℡75ー3239)まで。