須賀川市とドローン倶楽部が協定

市と協定を結んだすかがわドローン倶楽部

 須賀川市とすかがわドローン倶楽部のドローンに係る連携協力に関する協定書締結式は28日、市役所で行われた。
 市から橋本克也市長、安藤基寛副市長、尾島良浩総務部長、すかがわドローン倶楽部から小枝啓一代表、和田康伸事務局、鴫原力三顧問が出席した。
 連携により双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地域の活性化及び市民サービスの向上に資する目的。
 橋本市長は「台風19号の災害がきっかけとなり、災害対策や現場をひと目で把握できるなどのほか、観光や農林業としても連携し資源を有効活用出来るようにご支援ご協力をお願いします」、小枝代表は「ルールを守り、安全に活動していきます」とあいさつした。
 協定内容はドローンの新たな活用方法などの研究に関すること、ドローン操縦に関する人材の育成、防災及び災害対策に関すること、地域社会の活性化及び市民サービスの向上などに連携して取り組む。