須賀川署「ツーロックの日」で啓発活動

高校生に安全な自転車の利用を呼びかける署員

 須賀川署は26日の「ツーロックの日」に合わせ、須賀川桐陽高で登校する生徒に自転車の安全な利用などを呼びかける啓発活動を行った。
 生活安全課、交通課の署員4人がティッシュや啓発用チラシなどを配った。
 自転車を安全に利用するため①自転車は車道が原則②車道は左側を通行③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行④安全ルール・マナーを守る⑤被害軽減のためヘルメット着用に努める―5項目からなる県自転車安全利用五則の遵守を呼びかける。
 またながら自転車、歩行者とも通学時の「ながらスマホ」は危険であるため行わない、インターネットのトラブルに巻き込まれないよう、スマートフォンの使い方に気をつけるなどの啓発資料を配り、生徒の危機意識高揚を図った。