福祉状況などまとめる冊子発行

市の福祉状況などをまとめた冊子

 須賀川市は昨年度までの各種福祉事業などの情報をまとめた冊子「須賀川市の福祉」を発行し、社会福祉課窓口で希望者に配布するほか、市ホームページで公開している。
 冊子では社会福祉、障がい者福祉、低所得者福祉、児童福祉など、8項目の概要と対象者の推移、各種事業の実施状況などを全67ページにまとめた。
 児童クラブ館18施設定員1570人に対し、4月1日現在で1475人が利用している。
 高齢者人口の推移は昨年10月1日現在で2万1026人、総人口に対する比率は27・5%、そのうち要介護者数は3999人で19・0%。過去5年間で高齢者は増加し人口に占める割合も増えているが、要介護者比率は微減となっている。
 昨年度の生活保護世帯数は514件659人で、前年度より4件、2人増えた。過去5年間を振り返ると微増傾向にある。保護率は県が9・1%に対し、市は8・7%だった。
 家庭児童相談室・児童虐待防止操舵室の相談件数は計376件だった。
 高齢者虐待相談件数は25件、そのうち虐待と認定されたのは11件でいずれも昨年より減少した。