名人吉村さんらの「けん玉教室」

吉村さんの指導を受けながらけん玉を楽しむ子どもたち

 須賀川市北横田在住のけん玉名人吉村弘幸さんと日本けん玉協会理事長の山本弘行さんは23日、tetteで「けん玉体験教室」を開き、子どもから大人まで約40人がけん玉を楽しんだ。
 子どもたちは真剣な表情で吉村さんらから「目はいつでも玉の行方を追うように」などのアドバイスを聞き、大皿や小皿に玉が上手に乗るたびに歓声を上げて喜んでいた。
 玉を皿にのせる練習のほか、「とめけん」や「日本一周」、「世界一周」などの技の説明を受け、吉村さんと山本さんの名人技に熱い視線を注いでいた。
 また同日は日本テレビ系列のチャリティー番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」の生中継が早朝に行われ、2人は長さ10㍍の糸先にある玉を大皿にのせる腕前を全国に披露した。
 山本さんは日本けん玉協会理事長、第9・10・12代全日本チャンピオンで日本タイトル戦11勝、吉村さんは日本けん玉協会東東北ブロック長で県支部副支部長、けん玉道5段、今年1月にマラソン競技「もしかめ」で初めて全国優勝を果たしている。