ソロプチミスト30周年記念事業で寄付

社協に30周年記念の寄付をする水野会長たち

 国際ソロプチミスト須賀川(水野栄子会長)の認証30周年記念事業として20日、市社会福祉協議会を訪れ、5万円を寄付した。
 水野会長、有馬美代会長エレクト、平石恵子副会長、深谷育子実行委員長の4人が溝井正男会長、水野良一常務理事に手渡した。
 溝井会長は「有効に使わせていただきます」とお礼を述べた。
 同会は1990年10月28日に発足、現在会員は28人。
 また鏡石町、石川町の社会福祉協議会に各5万円、国際ソロプチミストアメリカ日本北リジョンと財団法人ソロプチミスト日本財団に各10万円を寄付した。
 24日は須賀川支援学校に5万円を寄付する。
 なお9月17日午前11時からホテル虎屋で須賀川認証30周年記念式典が開かれる。コロナの影響で会員と関係者数人の簡素化で催される。記念事業として須賀川市と石川町に車「国際ソロプチミストⅢ号」各1台(各100万円)の目録を贈呈する。