雲水峯大橋の仮堤防設置訓練は延期

仮設大型堤防と巨大土のうを用意した雲水峯大橋左岸

 福島河川国道事務所と須賀川市は19日、浜尾地内の雲水峯大橋左岸で「洪水時仮堤防緊急設置合同訓練」を予定していたが、猛暑日になる予報を受け熱中症を懸念し延期を決めた。訓練に合わせて正午から午後5時までの通行止めは実施しない。
 昨年10月の台風19号水害は増水した阿武隈川の越水が雲水峯大橋から市道を通って浜尾地内に流れ込んだことから、同地内方面の左岸付近に大型堤防や土のうを積んで内水被害を食い止めるための訓練を予定していた。
 なお、延期後の日程は発表されていない。