熱中症 12日は3件発生 夜間も注意

 須賀川地方広域消防組合によると、12日は午後2時57分に最高気温33・1度を記録し、熱中症で3人が相次いで救急搬送された。

 このうち2件は午後8時以降の夜間に発生しており、ある程度気温が低くなってからも十分な注意と対策が必要となる。
 午前11時25分頃、屋内で過ごしていた古殿町80代男性に脱水症状が現れ、平田村内病院に中等症で運ばれた。

 午後8時24分頃、市内80代女性が自宅トイレで倒れているところを家族が発見し、市内病院に中等症で搬送された。

 午後9時11分頃、市内40代男性が散歩中に気分が悪くなり、しばらく様子を見たが症状が改善されなかったため119番通報し、市内病院に軽症で運ばれた。