まきばカップU―12でブリーオ優勝

ドリブルでゴールに向けて切り込む選手

 鏡石町のBOAVISTAの少年サッカー大会「まきばカップ」は8、9の両日、20チームが出場し、鳥見山公園多目的広場と陸上競技場を会場に熱戦を繰り広げ、U―12でブリーオ須賀川が優勝した。
 新型コロナウイルス感染予防のため出場チームは県内のみとし、U―9が8チーム、U―12は12チームが出場し、練習の成果を発揮した。
 U―12は予選リーグ戦と順位決定戦、U―8は総当たりリーグ戦で総合順位を争った。
 選手たちは声をかけ合いながら連携を図り、大粒の汗を流しながら全力でプレーし、試合後はお互いの健闘をたたえ合った。
 相手の選手と競り合い華麗なドリブルで抜き去ったり、鋭いシュートでゴールネットを揺らす姿に会場は盛り上がりを見せていた。
 須賀川・岩瀬管内の成績は次の通り。
▽U―9⑥BOAVISTA⑧ブリーオ須賀川▽U―12①ブリーオ須賀川④岩瀬FC⑩BOAVISTA