ボーイスカウト「菊章」を3人に伝達

安藤団委員長から3人に菊章の進級証を授与

 ボーイスカウト須賀川第1団(安藤俊典団委員長)の「菊章」伝達式は2日、隊員、保護者ら約30人が参加し、須賀川二小児童クラブ館で行われた。
 ボーイスカウトの活動は「班制教育」「進歩制度」「野外活動」の教育基本方針があり、修得課目と一定以上の選択課目を履修することで、初級、2級、1級、菊章(菊スカウト)の4段階がある。
 菊章はボーイスカウトの中ではエリートとされ、中学生年代の最高位に位置する、取得が困難で県によっては毎年3~5%の場合もある。
 菊スカウトは隊内では上級班長として班員を指揮監督し、隊や団の行事の企画にも積極的に参画できる。
 受章伝達式で安藤団委員長が上遠野拓磨君、村上亮弥君、安藤義隆君の3人を表彰し、「今後も隼章、富士章を目指して精進してください」と述べ、上遠野君たちは「これからも頑張ってまいります」とお礼を述べた。
 その後、団独自の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインとして、当面の活動の指針や熱中症予防行動の留意点について説明された。