須賀川・岩瀬地方に大雨被害無し

河川敷まで水位が上がっている釈迦堂川 (29日午前8時撮影)

 停滞した梅雨前線に太平洋高気圧から暖かい空気が流れ込んだことで、28日から29日にかけて山形県を中心に深刻な水害被害をもたらしている。須賀川・岩瀬地方は3市町村の調べで土砂災害など被害報告は無く、29日は朝から小康状態が続いている。
 気象庁は28日午後7時半に須賀川市へ大雨警報を発令し、鏡石町と天栄村も順次警報が出された。浸水被害に備えて同日午前中から排水ポンプの準備が釈迦堂川沿いで行われたが、本格稼働するまでにはいかなかった。
 須賀川消防署によると28日午前1時頃から弱い雨が降り続き、同日午後7時頃、1時間当たり最も強い16・5㍉を計測したが、3市町村ともに避難所開設まではならなかった。
 警報発令を受けて各市町村の担当職員が一晩待機するなど対応したが実害報告は無かった。
 今回の強雨は梅雨明け前最後のものとみられ、まもなく当地方にも本格的な夏本番がやってくると期待される。急激な温度変化により熱中症などが懸念され、適切な水分補給やエアコン使用などが呼びかけられている。