天栄村の事業者支援金は10月末までに申請を

 天栄村の新型コロナウイルス感染症対策支援金の申請は村商工会で10月31日まで受け付け、売り上げが前年同月比20%以上減少している村内全業種の事業者に10万円を給付する。
 新型コロナ対策支援の第3弾として15日の臨時議会で関連予算2475万円が承認された。
 第1弾支援では売り上げが前年同月比30%以上減少している宿泊業に10万円、飲食業に5万円を給付したが、コロナ禍の影響が多くの業種に及んでいることから拡充した。
 対象は製造や建築、小売、個人事業主、フリーランスなどあらゆる業種で、今年2月から8月までのうち、1カ月あたりの売り上げが前年同期比20%以上減少していることが条件。村内241事業者の申請を想定している。
 前回給付を受けた飲食業には追加の5万円を振り込む。そのほかの前回受給事業者は対象とならない。
 申請書は村商工会ホームページからダウンロードし、①今年の売上高等の実績が確認できる書類②売上高減少率計算書③直近の確定申告書、決算報告書、法人事業概要説明書等の写し④通帳の写し(表紙及び開いて1ページ目)―4種類の書類と合わせて原則郵送で申請する。
 なお村商工会窓口に直接訪問する際は混雑による感染を防ぐため、事前の電話を呼びかけている。
 村商工会では会員事業所に通知するほか、回覧で制度周知を図る。
 問い合わせは村商工会(℡82―2709)まで。