10月から愛知県とのチャーター便

 フジドリームエアライズ(FDA)は10月28日から福島空港と愛知県の中部国際空港を結ぶチャーター便3往復6便を初めて運航する。県が28日に発表した。
 NHK連続テレビ小説「エール」を契機に交流を深めている福島、愛知の両県を結ぶもので、3往復いずれも愛知県からの観光客を運ぶ。
 運航スケジュールは10月28日から、29日から、11月1日からのいずれも2泊3日。
 観光客は秋の須賀川牡丹園や古関裕而記念館などのほか、宮城、山形、栃木なども巡る。
 なお新型コロナウイルス感染拡大に伴う都道府県間の移動自粛解除後、初めてのチャーター便となる。
 愛知県と結ぶ便としては、平成19年まで定期路線として名古屋便を運航していた。