みんなの食堂わらりら「ミニ縁日」楽しむ

水ヨーヨー作りを楽しむ子どもたち

 市民ボランティア団体kokoyoriの「みんなの食堂わらりら」ミニ縁日は25日、八幡町のkokoyoriハウスで開かれ、子どもたちが水ヨーヨー作りなどを楽しんだ。
 「子どもも大人も『笑ってリラックス』してご飯が食べられる場所をつくりたい」という目的で、毎月第4土曜日に子どもは無料で食事を提供している。新型コロナウイルスの影響で通常の子ども食堂ではなく、遊びコーナーと食料品・野菜提供のみ行った。
 子どもたちは検温とアルコール消毒をした後、水ヨーヨー作りや輪投げ、カップインボールなどを楽しんだ。
 公益財団法人キリン福祉財団の助成を受け、缶詰めや乾麺など食料品を配ったほか、市内で収穫した野菜の詰め放題など、食育のサポートも行った。