西川中央公園を水害・防災整備

防災・水害整備工事を行う西川中央公園

 須賀川市は2023年度中の完了を目指し、須賀川駅西地区都市再生整備事業に着手し、今年度は駅西エリアと国道4号線をつなぐ幹線道路建設を予定通り進めている。昨年10月の台風19号水害で被害を受けた西川中央公園(館取町)の水害・防災整備も予算化出来たため、事業に組み込むことになった。
 西川中央公園は駅西エリアから外れているが、再整備事業への補助金が予算化出来たため、6月議会補正予算に組み込み、防災整備工事に着手する。完成予定は駅西地区再整備事業完了と同時期を目指す。
 駅西地区都市再整備事業は幹線道路整備や東西自由連絡通路設置などをメーンに2010年から始まり、東日本大震災などによる事業中断を乗り越えて、2018年から本格始動した。事業完了は着手から5年後を見込んでいる。
 現在は福島交通北側道路の拡幅に着手し、幹線道路に接続する既存道路の整備なども行っている。東西自由連絡通路整備完了後に本格的な舗装を行うため、事業完了まで一般車両の通行は出来ない。
 また駅周辺エリアの利用促進など意見交換するワークショップを今年度も実施したいと準備を関係機関と進めている。