今月末まで小中学校代替授業

代替授業が行われている6年生のクラス

 公立小・中学校は毎年、今月21日から夏休みに入るが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校の授業日数を補うため、今月31日まで代替授業を行っている。
 通常なら1学期終業式が20日、8月24日までが夏休みとなるが、今年は31日に終業式、8月19日に始業式になる。
 須賀川三小(松山祐介校長)では、通常通りの授業を行、児童たちは勉強に励んでいる。
 各教室は窓やドアを開けて換気をし、児童たちはマスクを付けて授業に臨み、こまめな手洗いや水分補給、「3密」を避けた配慮などと新型コロナ対策をしっかりと講じている。