50周年の市立博物館 23日から「帰ってきた阿武隈考古館」

23日のスタートへ準備を進める学芸員

 須賀川市立博物館の企画展 「帰ってきた阿武隈考古館」 は23日から9月6日まで、 開館のきっかけである 「市立博物館の父」 首藤保之助さん (明治20年~昭和43年) が全国で集めた土器や石器などのコレクションを展示して開館50周年に原点に立ち返り、 次の50年に向けた一歩を踏み出す。
 同館は昭和45年8月1日に県内最初の公立博物館として開館し、 今年50周年を迎える。
 考古資料収集家の首藤さんが私設博物館 「阿武隈考古館」 に収めていた約5万点の資料のほとんどが母校にあり親交のあった市に寄贈したことが開館のきっかけとなった。
 企画展では北海道白滝遺跡から出土した黒曜石の石器や江戸時代のおもちゃである泥面、 姫路城の軒瓦など、 全国から集めた貴重な資料が並び、 さながら各地の遺跡を巡る旅行気分も味わえる。
 同時企画として、 100年後の人に見せたい現在の身近な暮らしの様子などを写真に収め、 オリジナルグッズと交換する 「博物館とプレゼント交換しよう」、 これまでの企画展のポスターの展示なども行う。
 開館時間は午前9時から午後5時まで。 休館日は8月10日以外の毎週月曜日と8月11日。
 8月1日の開館記念日と21日の県民の日は観覧無料となる。
 問い合わせは同館 (℡75―3239) まで。