中学校野球は須二、西袋も敗れる

 県中地区の中学校野球部顧問による白球会の選手権大会兼GIANTS杯県中予選大会2日目は18日、 仁井田中や滝根運動場などで行われ、 須賀川・岩瀬管内で勝ち上がっていた須賀川二中と西袋中は奮闘するも一歩届かず敗退した。
 中体連の代替大会として、 県中地区43校がトーナメント戦で争った。
 須賀川二中は熱海中を3―1でベスト8まで勝ち上がり、 準々決勝を守山と戦った。 チームの総合力を発揮したが得点に結びつかず、 0―5で涙をのんだ。
 西袋中は明健中と接戦を繰り広げ、 1―1のままタイブレークに持ち込んだ。 最後まで粘り強いプレーを発揮したが1点を奪われ、 1―2で惜しくも敗れた。
 なお大会は25日に準決勝と決勝を行う。