各中学校の修学旅行は今月中に方針

 1学期終了が迫る中、須賀川・岩瀬管内の各中学校は秋以降に延期した修学旅行を巡る対応に追われている。東京など特定警戒都道府県に指定されていた地域からの行き先変更などを検討をしているが、今後の状況によって直前の変更を余儀なくされる可能性もある。3年生の思い出づくりに実施したいとの声も多いが、受験との兼ね合いなども課題となっている。
 例年修学旅行は多くの学校で春頃に行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響で日程を延期していた。
 今月2日までに県教委から新型コロナ感染拡大を踏まえた実施基準や留意点などの指針が各市町村教委に示された。
 指針では旅先が感染レベル2以上、または校内で感染がまん延している場合は延期や中止、行き先の変更を検討すること、出発前2週間の生徒と保護者の健康観察をすること、団体行動中はできるだけ人と距離をとること、旅行中の行動歴やマスク着用の有無などを記録することなどとした。
 管内の多くの中学校では保護者会を開いたり、アンケートを実施するなどして今月中に旅行先や日程など方針を固める。
 各中学校の対応は次の通り。
▽須賀川一=9日に臨時学年懇談会を開き、9月に東京以外の行き先に変更して実施する方向性を説明した。保護者の意見を踏まえ今月中に決定する▽須賀川二=9月に実施予定で、保護者と協議しながら検討を進める。旅行先は未定▽須賀川三=3月7日から9日まで関東方面を予定している▽西袋=9月14日から16日までを予定しているが行き先など検討中▽稲田学園=9月に関西方面を予定しており、今月中に保護者アンケートを取りまとめる▽小塩江=9月2日から4日まで関西方面の予定で、今月27日に保護者会を開く▽仁井田=9月16日から18日まで山梨県の予定。今月13日に保護者会で協議した▽大東=10月7日から9日まで北陸方面で決定▽長沼=10月21日から23日までの予定だが行き先や実施可否など今月中に検討する▽岩瀬=9月5日から7日まで関西方面で検討中▽鏡石=9月予定で、行き先は未定▽天栄=9月に東北地方で実施する予定で、今月中に内容を固める