19日平和の鐘を鳴らそう

 須賀川地方ユネスコ協会(八木沼智惠子会長)は19日正午から「平和の鐘を鳴らそう!」を長松院で実施する。昨年まで市内中学生に参加を依頼してきたが、新型コロナの影響で、今年は生徒の健康面と安全面を考慮して、協会役員のみでコロナ収束と世界平和を併せて祈念して鐘を鳴らす。
 「民間ユネスコ運動の日」に合わせて、平和の鐘を鳴らすことで、平和を願う心を共鳴させ、地域や社会に向けて「平和の文化」を発信する。
 午前11時半に長松院に集まり、八木沼会長のあいさつに続いて、「すべての生命(いのち)を大切にします」など6つの「わたしの平和宣言」を全員で唱和し、正午に合わせて協会役員が6回鐘をつく。