25日まで交通事故防止県民総ぐるみ運動

ハンドプレートを手に交通安全を呼びかける署員

 「交さ点 命のきけんが かくれんぼ」をスローガンに全県下で行われる夏の交通事故防止県民総ぐるみ運動は16日にスタートした。須賀川市交通対策協議会と地区交通安全協会、須賀川署は同日、イオンタウン須賀川周辺で広報啓発活動を展開し、子どもや高齢者などを交通事故から守るための安全意識向上を呼びかけた。
 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、今年は出動式を行わず、広報活動も関係者約15人のみで実施した。
 参加者らは同店前の市道(東部環状線)に間隔を置いて並び、運転中の携帯メール禁止や全席シートベルト着用をハンドプレートで呼びかけた。
 また買い物客らに広報用のウチワやチラシ、反射機能付きLEDキーホルダーを150セット手渡した。
 市と市交通対策協議会は高齢ドライバーの安全運転ポイントとして、標語「いつものみちでも」の徹底を求めている。標語は「いつもすいてる交差点。でも、しっかり安全確認」「ついウッカリ、は事故直結」「もう少し、と無理せず迷わず休憩を」「飲んだら乗らない。乗るなら飲まない」「見込み右折は事故のもと」「ちょっと不安と感じたら、高齢運転者マーク」「できるだけ、運転ひかえて夜の道」「もしものときのシートベルト」の頭文字をつなげた。

買い物客に啓発グッズを渡す参加者たち

 また須賀川地区交通3団体と須賀川署は運転前の体調確認や運転しやすい天候、時間帯の選択による安全運転を呼びかける。交差点では焦りに注意し、慣れた道でも「たぶん」「だろう」と油断せず運転する。歩行時は少し遠回りでも信号機のある横断歩道まで歩いて道路を横断し、夕暮時や夜間は反射材やLEDライトを身に着け、自分を目立たせることが危険を避けるために重要となる。
 総ぐるみ運動の一環としてそのほか、16、17、20、21、22日の計5日間は広報車やパトカーで交通ルール、マナーの遵守を呼びかける。
 運動期間中は県自転車安全利用五則の周知徹底も強化する。五則は①自転車は車道が原則②車道は左側を通行③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行④安全ルール・マナーを守る⑤被害軽減のためヘルメット着用に努める―5項目。管内の交通課題として、このところ自転車による事故も多発しており、若者から高齢者まで安全意識の向上が求められている。