鏡石駅伝・ロードレース大会1年延期

大会の1年延期を決めた実行委員会

 鏡石駅伝・ロードレース大会実行委員会(佐藤靖弘会長)は16日、町公民館で開かれ、11月1日に予定していた第15回大会の1年延期を決定した。
 新型コロナウイルスの感染状況やスポーツイベントの開催に向けた感染拡大ガイドラインを踏まえ、でき得る対策をとったとしても開催で生じる感染リスクを払拭することが難しく、大会に関わる人の安全確保が困難なため延期した。
 昨年は台風19号の被災に伴い、会場の鳥見山公園北側駐車場が災害ごみの収集場所として使用され、参加者の安全確保などの課題があることから総合的に判断し中止し、2年連続で開催を断念することとなった。
 大会は平成17年から行われ、県内外から約2000人が出場している。