天栄村で初の「オンライン成人式」

 天栄村の成人式は8月15日午前10時から文化の森てんえいで行われ、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、初の試みとして東京と千葉に住む新成人がオンラインで参加する。
 村の成人式は新成人が地元に戻って参加しやすい8月に毎年実施している。今年はコロナ禍における安全な実施に向け、村と実行委員らがテレビ会議システムを用い方向性を検討してきた。
 対象となる新成人60人のうち出席は約50人の予定で、特定警戒都道府県に指定されていた地域からの参加者6人はテレビ会議システムで参加することとなった。
 遠隔地からの参加者はモニターに表示させる予定だが、どのように設置するかなどは今後検討を進める。
 また今年はコロナ禍で新成人も様々なストレスを強いられているため、お祝いは充実させたいと、記念品として松崎酒造、寿々乃井酒造の4合瓶をそれぞれ1本贈る。
 式は成人証書が授与され、新成人が記念樹を贈呈し、添田勝幸村長が式辞、服部晃村議会議長が祝辞を述べ、10年前の自分からのメッセージが返却され、新成人代表が謝辞を述べる。
 来賓は人数を最小限にし、新成人が中学3年生のときの恩師3人はビデオレターでメッセージを送る。
 オンライン参加の準備に協力するNTTによると同様の企画はこれまで例がなく、新型コロナに対応した成人式のあり方として注目を集めそうだ。
 なお例年同時開催していた2分の1成人式は「3密」を避けるため、各小学校で2学期以降に実施される予定。