10月にオープンの「ふらっと」出品募集

 須賀川市観光物産振興協会(会長・渡邉達雄商工会議所会頭)は10月上旬に中町の空き店舗(旧永宝屋)に観光物産館「ふらっと」をオープンするが、出品商品(生鮮食品、加工食品、工芸品、土産品など)を今月末まで募集している。
 「ふらっと」は10月上旬オープン予定で、売り場面積は約60坪。出品商品は冷蔵商品や冷凍食品、飲料(土産用)なども含まれる。
 商品選定は観光物産振興協会で総合的に審査し出品の可否を決定する。県内事業者の商品を取り扱うが、類似商品が複数あった場合は、市内事業者の商品を優先する。
 問い合わせは市観光交流課内の事務局(℡88―9144)まで。
 観光物産振興協会は市から指定管理委託を受けて、産業会館内で物産販売事業を実施してきたが、「中心市街地で須賀川の特産品を購入できる場所が欲しい」「まちなかのにぎわい創出を」などの要望が市内外からあったこと、特産品の紹介・宣伝・販売、観光土産品の育成支援・地域ブランド構築のさらなる発展を目的に、tette隣の旧永宝屋を改装して、「ふらっと」を営業する。
 須賀川産の加工品や菓子類、地酒、雑貨・工芸品や、県内市町村の特産品なども取り扱う。店内にはイベントスペース(レンタル)やイートインも設ける。
 新しい「ふらっと」は、まちなかの観光案内や観光客の休息スペースも兼ねる予定で、まちなかで営業することで、観光土産品の育成支援や、まちなかでの新たな人の流れを生み、回遊性向上も期待される。
 産業会館内の物産店が「ふらっと」に移行するイメージで、現段階で営業休止時期は決まっていない。牡丹会館内での物産販売は牡丹園保勝会に委託契約を継続する。