大雨警報で須賀川市が避難所開設

 気象庁は8日午前10時頃、須賀川・岩瀬地域に大雨警報を発令し、このうち須賀川市東部は土砂災害の警戒レベル3から4に達したと発表した。市は小塩江公民館に避難所を開設し、東山地区の高齢者等に避難を呼びかけている(8日午前10時半現在)。

 仙台管区気象台は梅雨前線が東シナ海から西日本を通って東北地方に伸びており、停滞した前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発な状態が続き、雷を伴って1時間に30㍉の激しい雨が降る危険性が高いと発表した。 
 東北地方では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要で、昨年10月の台風19号水害や連日報道されている九州地方での大雨水害などから注意を呼びかけている。
 9日午前6時までの雨量は、多いところで東北太平洋側60㍉と予想され、各自治体が全戸配布した改訂ハザードマップを参考に、早めの避難行動や避難経路・避難所の確認を求めている。