須賀川市長選告示まで1週間

 任期満了に伴う須賀川市長選挙は今月12日告示、19日投開票で行われるが、告示まで1週間と迫った。現在のところ4期目を目指す、現職の橋本克也氏(57)=越久=のほかに立候補予定陣営は無く、橋本氏の3期連続無投票は揺るがない状況と見られる。
 橋本氏は4選目の政治課題に「選ばれるまち 須賀川」の継続や台風19号からの市民生活経済活動の再建、新型コロナウイルス対策などを掲げているが、市民の選挙への関心は低いのが現状だ。
 無投票3選に異論を唱える市民も少なくは無いが、実際の対抗馬擁立には結びついていない。現実的に告示まで1週間と迫っており、これから新人候補出馬は難しいと考えられる。
 橋本氏陣営は新型コロナ感染拡大防止のために、これまでのような集会・対話型の選挙運動を自粛し、後援会組織が電話などで支持を訴える戦略で選挙戦を進める。選挙事務所は橋本氏の自宅に置き、告示日朝の支持者を集めての第一声や出陣式などは行わない。
 可能性は限りなく低いが、選挙戦になった場合は、13日から市役所、長沼・岩瀬市民サービスセンターで期日前投票を受け付ける。
 市長選選挙ポスター掲示板は市内370カ所に設置された。