[続報]公立岩瀬病院の新型コロナ抗体検査始まる

抗体検査のための採血イメージ

 公立岩瀬病院は7月1日から新型コロナウイルス抗体検査(料金3850円税込み)受け付けを始めた。三浦純一院長が会見を開き改めて概要を説明、平日の午後2時から午後4時であれば、事前予約なしで検診センターの検査を受診できる。

 検査結果は概ね1週間程度で、受診者宅へ郵送で届けられる。

 県内の医療機関で抗体検査を実施しているのは、三浦院長の調べで福島市といわき市の病院のみ。

 抗体検査はPCR検査や抗原検査とは異なり、現在感染しているかどうかを診断するものではなく、過去に新型コロナウイルスにり患したかどうかを調べる採血検査で、発熱などの症状が今はない人が対象となる。

 人間ドックや健康診断のオプションとしても実施でき、会社単位での申し込みも受け付ける。検査のみの受診もできる。

 抗体検査は発症後14日以上経過している人に対する感度(陽性を陽性と判定する確率)100%で、特異度(陰性を陰性と判定する確率)99・5%と報告されており、抗体が陽性であっても再感染の可能性がないと証明されているわけではない。

 あくまでも、「これまで特に症状はなかったが、知らぬ間に新型コロナに感染していたかどうか心配」、「少し前に風邪のような症状があり、今は回復したが、かかっていたのが新型コロナだったのか確認したい」、「これから生活していく上で、自分が免疫や抗体を持っているか知っておきたい」などの人の受診を病院ではお勧めしている。

 抗体検査スタートを受けて三浦院長は「地域ぐるみで新型コロナ対策に取り組んでまいりたい。ニーズがある限り、中核病院として的確に対応していきたい」と説明し、対策の基本は「まずは手洗い」であり、店などを出る時に手指の消毒を行うことが大事だと感染対策についてアドバイスした。

 問い合わせ・申し込みは公立岩瀬病院健診センター(℡75―3111)まで。