「あおり運転」を厳罰化

 「あおり運転」の厳罰化などを盛り込んだ改正道路交通法施行令が30日に施行され、「妨害運転」(交通の危険の恐れ)と認定された場合、反則金の適用なしに免許取り消しになる。
 妨害運転はほかの車両等の通行を妨害する目的で、交通の危険を生じさせる恐れのある方法(違反行為を執ように繰り返し行うなど)で、一定の違反をした運転をさす。
 一定の違反の具体例として、右側通行など通行区分違反、不必要な急ブレーキ、前車への異常接近、危険な進路変更、左側からの追い越し、夜間ヘッドライトをハイビームにして他車と行き違ったり、他車の直後を進行する、クラクションの乱用、幅寄せ、高速道路で最低速度に達しない速度で走行する、高速道路で停車や駐車するなど。
 妨害運転には罰則適用が免除される反則金の適用がなく、即、罰則(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)が適用される。また違反点は25点で必ず免許が取り消され、その後2年間は免許再取得が禁止される。なお違反歴によって禁止期間は5年まで延長される。
 高速道路でほかの自動車を停止させるなど著しい交通の危険を生じさせた場合はさらに厳罰化し、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、違反点35点(免許取り消し・再取得禁止3年)が科せられる。
 あおり運転の被害を受けた場合は、安全な場所に避難しすぐに110番通報することが求められる。無理に逃げようとしたり、張り合ってスピードを上げると相手の行動がエスカレートする場合もある。また通報のため停車する際は、相手からの暴行を避けるためドアをロックし窓を開けないよう注意する。
 須賀川署によるとあおり運転での通報や相談は同署にも寄せられている。ドライブレコーダーの映像などを確認し、必要に応じて危険車を取り締まっている。
 ドライブレコーダーの設置は万が一の際の証拠となるだけでなく、設置を表示することであおり運転を受けるリスクを下げる効果も期待される。
 なお今回の改正による違反は自転車など軽車両の運転者にも適用される。
 自転車のあおり運転は「危険行為」とされ、3年以内に2回違反した14歳以上に安全講習を義務化する。受講しないと5万円以内の罰金が科される。