7月23日から「帰ってきた阿武隈考古館」

北海道で見つかった黒曜石の石器

 今年開館50周年を迎える須賀川市立博物館の企画展「帰ってきた阿武隈考古館」は7月23日から9月6日まで、開館のきっかけである首藤保之助さん(明治20年~昭和43年)が全国で集めた土器や石器などのコレクションを展示する。
 考古資料収集家だった首藤さんは昭和12年に玉川村で阿武隈考古館を設立した。昭和33年、矢部保太郎須賀川史談会長(当時)の働きかけもあり、同館の約5万点が市に寄贈された。
 市はこの資料などを保存、展示するため、昭和45年8月1日に県内初の市立博物館が開館した。
 企画展では北海道白滝遺跡から出土した黒曜石の石器や奈良県新沢千塚遺跡の土馬、姫路城の軒瓦など、首藤さんが長年かけて集めた旧石器時代から江戸時代の貴重な資料が並ぶ。
 また首藤さんが採集した日照田地内の団子山古墳の円筒埴輪片を契機に、平成28年から始まった同遺跡の発掘調査で出土した朝顔形埴輪、円筒埴輪も展示し、その功績が現在の考古学につながるものだったことを解説する。
 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、入館者が集中した場合は入館を制限する。また定期的に館内を消毒し、入館者にはマスク着用や住所等の記載を求める。
 開館時間は午前9時から午後5時まで。観覧料は大人200円、大学・高校生100円、中学生以下、65歳以上、障がい者は無料。休館日は8月10日以外の毎週月曜日と8月11日。
 8月1日の開館記念日と21日の県民の日は観覧無料となる。
 問い合わせは同館(℡75―3239)まで。障がい者は無料。開館時間は午前9時から午後5時まで。