観光物産店「ふらっと」は10月2日開店

10月2日の「ふらっと」開店を確認した総会

 須賀川市観光物産振興協会(会長・渡邉達雄商工会議所会頭)の総会は26日、会員ら約50人が出席して市役所で開かれた。中町に8月オープン予定のすかがわ観光物産店「ふらっとflatto」は10月2日に開館日が変更となった。
 渡邉会長はあいさつで「新型コロナの影響で観光は非常に厳しい状況にあり、あらゆるイベントが中止されている。協会としても首都圏での観光PRや物産振興キャンペーンが出来ず、須賀川の魅力を広く発信することが難しい。このような状況にあるが、まちなかの物産店オープン、協会専用ネット販売サイト開設など新たな地域ブランドの構築へ鋭意努力していきたい。コロナ収束が未だ見通せない状況だが、会員相互の力を結集して窮地を乗り越えてまいりたい。にぎわいづくりへ状況を見極めながら取り組んでいく。これからも変わらぬご理解とご協力を」とあいさつし、来賓の橋本克也市長が祝辞を述べた。
 観光物産振興協会定款の一部変更、昨年度収支決算報告など協議し提案通り可決した。すかがわ観光物産館「ふらっとflatto」は中町の旧永宝屋で10月2日にオープンする。
 販路拡大を目指す市観光物産振興協会専用オンラインショップを開設運営(売り上げ手数料10%上乗せ)する。
 今年度は新型コロナの影響で活動回数が激減したが、昨年度の牡丹キャンペーンクルーは須賀川牡丹園観光誘客キャンペーンや座間の大凧まつりなど市内外で観光・物産PRなど44回活動した。