天栄村成人式は実施に向け意見交わす

画面越しに友人と再会した新成人たち

 天栄村は例年8月15日に行われる成人式について、新成人の声を反映して実施可否などを検討するため、テレビ会議システム「Zoom」(ズーム)を使った第1回実行委員会を16日に開き、十分な感染症対策をした上で実施する方向で意見をまとめた。
 全国の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、他県から帰省する新成人も多くなることが予想されるため、村は実施可否の検討を慎重に進めてきた。成人式の主役はあくまでも村の未来を担う新成人であるとの観点から、新成人を代表する実行委員会を組織し、意見の聞き取りを兼ねた会議を開いた。
 県外在住の委員も参加できるよう、初めての試みとしてZoomを使った会議を企画し、村内在住の2人は文化の森てんえいから、県外在住者2人は自宅から参加した。
 委員らは成人式を実施する方向で検討を進めてほしいとした上で、消毒やマスク着用などの基本的な対策や「3密」を避けるため来賓を最小限とする案をまとめた。また例年同時開催している村内小学4年生を対象とした「2分の1成人式」は、会場の密集が懸念されるため、今年は各小学校での実施を検討する。
 そのほか式が実施された場合の代表あいさつや司会、記念品贈呈などの役割も話し合った。
 久しぶりに画面越しで再会を果たした新成人らはそれぞれの成長に驚きながらも、懐かしい面影が並ぶ光景に喜んでいる様子だった。また「Zoomの活用で移動せずに参加できるのは負担が少なく、ありがたい試みだと思います」と話していた。
 なお成人式の実施可否の最終判断は今週中に出される見込み。
 実行委員は次の通り。
▽委員長=内山耕輔▽委員=宗方一晟、猪越智、鈴木朔夜、内山愛梨