天栄村ぴよぴよくらぶなど再開

苦戦しながら歯磨きに挑戦する親子

 新型コロナウイルスの影響で休止していた天栄村の子育て支援教室「なかよしくらぶ」「ぴよぴよくらぶ」は今月から活動を再開し、親子らがへるすぴあで交流を深めている。
 このうち「ぴよぴよくらぶ」は12日、へるすぴあのわんぱく広場に0~1歳半までの親子約10組が集まり、歯科衛生士から正しい歯磨きの仕方などを学んだ。
 歯と口の健康習慣に合わせたもので、赤ちゃんへの歯磨きの必要性を説明し、歯磨き前に赤ちゃんの全身をマッサージして警戒心を解くことや、ガーゼを使った磨き方などを指導した。
 参加者には実際の歯ブラシやガーゼが配られ、保護者らは赤ちゃんに嫌がられないように工夫しながら実践に挑んでいた。
 次回の「ぴよぴよくらぶ」は7月15日午前10時半から、手形足形とりを楽しむ。
 1歳6カ月から幼稚園就園までを対象とした「なかよしくらぶ」は6月24日午前10時から、夏野菜作りに挑戦する。
 問い合わせはへるすぴあ(℡82―3800)まで。