20日から中央図書館リサイクル広場

 中央図書館の「本のリサイクル広場」は20日から28日までtette1階西側でんぜんホールで開かれる。新しい蔵書購入費などに充てるため1冊10円で希望する本を何冊でも持ち帰れる。
 市民などから寄贈された読み終えた本や図書館の閲覧期限を超えた図書を配架し、希望者にリサイクルする中央図書館人気イベントの一つ。
 今回は1000冊を超える該当図書が並ぶ予定で、小説や新書、マンガ、雑誌、絵本、図鑑・辞典のほか、珍しい洋書(英語・独語)など多くのジャンルの中から、1冊10円で好きな本を好きなだけ持ち帰ることができる。
 集まった収益はtetteパートナーズクラブと協議して、新しい図書(クラブ推薦図書)の購入費に充てる。
 開場は午前9時から午後5時まで。参加希望者は本を持ち帰るための入れ物(袋や箱など)を各自で持参するよう協力を求めている。
 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のためマスク着用と、状況によっては中止もありうる。問い合わせは中央図書館(℡75―3309)まで。