夏休みはムシテックへ

 ムシテックワールドの夏休みプログラムは7月から始まり、外部講師を要する一部プログラムを除き、ほとんどの内容を当日申し込みで受け付ける。
 夏休みプログラムは7月4日から19日までの毎週土日曜日と21日からは休館日を除き毎日、工作・実験・自然体験の各プログラムを実施する。
 今月11日から受け付け開始の予約プログラムは、鏡石町の金沢倫美さんを講師に「アイシングクッキー作り」を7月19日に、夏の里山を歩き流しそうめんなども楽しむ「わんぱく自然塾・夏」を18、19の両日に行う。
 予約不要の新規プログラムは、23、24の両日、国内外のカブトムシやクワガタムシの標本作りに挑戦する「標本しようぜ!ガチャ!」を行う。
 夏休み期間中の企画としてそのほか、「世界のカブトムシ・クワガタムシ展」を18日から8月23日まで、「ムシテック写真コンテスト」の作品募集を8月1日から開始する。
 なお現在新型コロナウイルスの感染を防ぐため、開館時間を午前10時から午後4時までに短縮し、なぜだろうランド、サイエンスステージ、キッズコーナーを閉鎖している。
 7月からは開館時間を通常の午前9時から午後4時半までに戻し、サイエンスステージは21日から、入場者数を通常の約半数にあたる50人に制限するなど対策して再開する。
 入館料は一部施設利用の制限が続くため、大人200円、高校・大学生100円、小中学生50円の割引を継続する。
 なお休館日は毎週月曜日。
 問い合わせは同館(℡89―1120)まで。
 7月中の予約不要プログラムは次の通り。
◇工作▽4、5日=液体万華鏡▽11、12日=光のアートスクリーン▽18日=ウインドハーモニー▽21、22日=和風ランプシェード▽23、24日=せっけんねんど▽28、29日=スライムスペシャル▽30、31日=ぴかっとうちわ
◇実験▽4、5日=ポップコーンのはじける科学▽11、12日=液体窒素ヒンヤリ実験▽18、19日=エアイン・チョコをつくろう▽21、22日=電気のちから▽23、24日=グミの科学▽25日=ニッケルメダル▽28、29日=ラムネの科学▽30、31日=ブルーベリーの科学
◇自然体験▽11、12日=水の中の生き物さがし▽21、22日=野原で虫さがし▽23、24日=標本しようぜ!ガチャ!▽28、29、31日=昆虫トラップ