飲食店応援券取扱店は店頭ポスター掲示

「がんばる地元の飲食店応援券」を受ける事業者

 県発行の飲食店限定プレミアム付き前払い利用券「がんばる地元の飲食店応援券」取り扱いが、10日から須賀川商工会議所(渡邉達雄会頭)で始まった。初日から受け取り予約した飲食店が会議所を訪れており、取扱店にはポスターを掲示している。
 各店利用者が1枚1000円で購入した応援券はその店のみで利用でき、プレミアム分を加算した1200円(法人事業者店は1100円)分の食事などができる。おつりは出ない。
 取扱店は7月末まで募集し、商工会議所からの配布は8月31日まで。店頭販売は9月30日で終了し、購入者は来年1月末まで各店で飲食や買い物で利用できる。
 応援券の配布上限は個人事業者が900枚、法人事業者店は1800枚。1回あたり最大3分の1(1回あたり個人300枚、法人600枚)まで受け取れ、2回以降の受け取り分は売り切ってからの引き渡しとなる。
 購入者が利用したプレミアム金額分の請求は、11月末までの使用分は年内、来年1月末までの利用分は2月まで商工会議所で受け付ける。請求に基づき商工会議所からプレミアム分の金額を支払う。
来年2月末日を過ぎた応援券利用分は、プレミアム金額分の請求はできない。
 「がんばる地元の飲食店応援券」は、新型コロナウイルス感染拡大により深刻な被害を受けた飲食店などの消費喚起を目的に、県が限定プレミアム付前払い利用券を発行する。
 応援券は個人・法人事業者が営む飲食店での食事以外にも、仕出し店や弁当店などの持ち帰り、ホテル・旅館・宴会場、スナック・キャバクラなどの利用も含まれる。