19日ながぬまサクラフォトコン審査

 長沼観光物産振興協会(赤羽隆会長)は、第8回ながぬまさくらフォトコンテスト審査会を19日午後2時から長沼保健センターで開き、応募の78作品から入賞作品を選考する。
 コンテストには古舘、長楽寺、岩崎山史跡公園、護真寺、横田陣屋御殿、兎内、長沼城址、永泉寺、藤沼湖の各サクラを撮影した作品が寄せられ、最優秀賞1点、優秀賞は各名所1作品ずつ計9点、特別賞として各新聞社賞4点の14作品を選ぶ。
 今年は新型コロナウイルス感染防止のため毎年実施していた表彰式と懇談会は中止する。
 入賞作品は長沼地域の店舗に展示するほか、出版物や宣伝広告に使用する。