天栄村全村民に商品券1万円発行

 天栄村6月議会は9日に開会し、新型コロナウイルス感染症対策の村独自支援策に総額6779万6000円の補正予算を計上した。
 独自支援として生活支援商品券発行事業は全村民を対象に商品券1万円を発行する。委託料に135万6000円、発行事業補助金に5560万円。今月発行する予定。
 子育て世帯臨時特別給付金として、児童手当給付金に追加支給する形で児童1人につき1万円を支給する。予算額は604万円。
 商品券発行事業補助金は、村商工会が毎年発行するプレミアム付き商品券のプレミアム率を通常10%のところ20%に上乗せする。予算額は480万円。1セット1万円(1万2000円分)、7月上旬と10月に発行。
 村議会の会期は15日までの7日間。提出議案は報告1件、議案9件。一般質問は9日に行われ、3議員が登壇した。
 主な議案は専決処分の報告と承認、農業委員会委員の選任の同意、天栄村税条例など条例の一部改正など。
 一般会計補正予算は歳出歳入に2億6599万8000円を追加し、総額52億3481万5000円となる。
 新型コロナ対策を除く主な事業として、公立学校情報通信ネットワーク環境施設整備事業に2200万円、産地生産基盤パワーアップ事業補助金1億3847万7000円。
 一般質問者と質問項目は次の通り。
▽大須賀渓仁議員=新型コロナウイルスの問題▽大浦トキ議員=今年度の国保税、学校給食費の無料化、新型コロナウイルス対策▽熊田喜八議員=新型コロナウイルス対策と災害時における対応、小・中学校の統合