「鏡の雫」の販売を開始

鏡の雫 チラシ 鏡石町観光協会は1日から特別純米酒「鏡の雫」の新酒を町内酒類取扱店で販売を開始した。丹念に生産された特別栽培米コシヒカリ「牧場のしずく」を100%使用した逸品である。
 価格は一升瓶1800㍉㍑2750円、贈答用化粧箱220円。4合瓶720㍉㍑1375円、化粧箱165円(全て税込み)。
 全国新酒鑑評会で平成23年から8年連続金賞を受賞し、金賞の結審を行わなかった今年も入賞に輝いた天栄村の松崎酒造が今年も醸造した。
 「牧場のしずく」を丁寧に磨き上げ、伝統の熟練した技法で手間ひまかけてじっくり仕込み、贈答品としても人気を集めている。
 「鏡の雫」は穏やかな香りで口当たりがなめらか、米のうま味と酸味とのバランスが良好で女性にも好評。常温でも冷やしても美味しく飲むことができる。
 問い合わせは町観光協会(℡62―2118)まで。