23日に市役所で献血

 須賀川市の献血事業は23日午前9時半から午前11時半までと午後1時から午後4時まで、新型コロナウイルス感染症対策をした上で、市役所防災広場で受け付ける。
 日本赤十字社によると来場者には新型コロナウイルス感染予防のため、検温や手指消毒など行い、献血バス内も問診や血圧測定などを一人ずつ対応し、できるだけ密を避ける。
 3月以降、事業所による団体献血の計画変更や各種イベントの中止に伴い、輸血用血液の確保が厳しい状況が続いている。毎日約3000人の患者が輸血を必要としており、貴い命を救うため、400㍉㍑献血への協力を呼びかけている。