4日から歯と口の健康週間

 須賀川歯科医師会は新型コロナウイルスの影響により、毎年歯と口の健康週間に合わせて実施していた歯の健康優良児・児童・生徒の表彰、図面ボスター、作文、標語、書写の募集を中止した。
 「歯と口の健康週間」は4日から10日まで、歯と歯ぐきを大切にして80歳になっても自分の歯を20本以上保ち、生涯自分の歯で食べることを目指す「8020運動」を呼びかけている。
 今年度の標語は「咲かそうよ笑顔の花を歯磨きで」。歯科疾患の予防や歯と口の健康を保持するため、生きる力を支える歯科口腔保健の推進が重点目標。
 学校休校や外出自粛が続いたことで、4歳以降から小学生で実施しているフッ化物洗口が中断され、子供たちの食生活や生活リズムの乱れから虫歯増加の危険性のほか歯科診療の中断、放置による歯周病の重症化などの心配があるため、掛かりつけ医に問い合わせるよう呼びかけている。