天栄村で合宿・同窓会などの宿泊に助成金交付

 天栄村の滞在型誘客促進事業は1日から村内の宿泊施設を利用する合宿や3家族以上の子育て世帯、高齢者団体に対し、最大5万円の助成金を交付する。
 文化・スポーツ合宿誘致や村出身者の帰郷を促すほか、健康増進や体力向上、家族団らんなど、長時間滞在を目的とした交流人口の拡大を図る。
 新型コロナウイルスの感染予防のため、当面は県民のみ対象とし、19日以降は国や県の動向を踏まえながら対象範囲拡大を予定している。
 条件はプランによって異なり、「合宿プラン」は学生ゼミ、クラブ活動、サークル、スポーツ少年団、社会人クラブが延べ宿泊数10人以上で、村内の文化施設またはスポーツ施設を利用すること、各種大会や会議等への参加を目的とするものでないことが条件となる。10人泊以上20人泊未満3万円、20人泊以上30人泊未満4万円、30人泊以上5万円を助成する。村民の合宿利用は10人泊以上で3万円となる。
 「同窓会プラン」は同じ小・中・高校、大学等の卒業生(同級・同学年)で構成され5人以上の利用者があること、同窓会は村内宿泊施設で行うこと。9人以下は1人あたり3000円、10人以上は一律3万円助成する。
 「子育てプラン」は中学生以下の子どもが1人以上いる家族が、3家族以上で宿泊・食事することを条件に、一律2万円助成する。
 「三世代家族プラン」は三世代上での宿泊・食事が条件となり、一律1万円助成する。
 「シニアプラン」は65歳以上の5人以上が、健康増進や体力向上、そのほか通年行事などで宿泊を伴い利用することが条件。助成額は9人以下で1人あたり3000円、10人以上一律3万円。
 申し込みは宿泊の14日前までに村観光協会に申請書を提出する。
 問い合わせは村産業課内観光協会事務局(℡82―2117)まで。