8月の夏季少年球技大会は中止

 須賀川市子ども会育成連絡協議会の総会は31日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため文書送付に代え実施し、8月1、2の両日予定していた第67回夏季少年健全育成球技大会中止を正式に決めた。役員改選で中山雄一新会長を選任した。
 総会は昨年度各種報告、今年度事業計画、規約の一部改正、役員改選など協議し、全会一致で承認された。
 夏季少年健全育成球技大会の中止は東日本大震災と東京電力原発事故があった平成23年以来で、臨時休校が続いた子どもたちの学習が長期休暇も行われる可能性があること、新型コロナウイルス感染拡大防止などのため決定した。来年の実施については再度検討するが、協議会としては前向きに準備を進めていく。
 8月8、9の両日予定の子ども会リーダー研修会森の冒険隊、来年1月の新春書道展・席書大会は状況をみて実施するかどうかを判断するため、現段階で動向は定まっていない。
 役員改選で大内康司前会長は顧問に、新会長に中山さんの就任が決まった。
 役員は次の通り。
▽顧問=村越良男、斉藤吉司、岩田悦次郎、大内康司▽会長=中山雄一▽副会長=善方威浩(白江小校長)兵藤孝子、溝井光夫、渡辺靖夫▽幹事=伊藤克一、大内健二、戸田万季、服部直哉、須田智博、宗像勉、安藤聡、酒井薫、渡部雅一、吉田浩司、羽賀恭子、佐藤智己、高橋邦彦▽会計監査=佐藤和則、吉根一夫、松田洋生