【速報】定額給付金5日振り込み 市全体の7割超に給付へ

須賀川市は5日、電子・郵送申告合わせて4回目の新型コロナウイルス特別定額給付金を申請口座に振り込む。概ね先月26日までに市役所へ届き申請完了した1万世帯以上への支給を予定している。世帯数・人数などは4日開会の市6月議会冒頭で橋本克也市長が説明するが、今回の支給で全体の7割を超える市民に給付金が支給される見込みである。
 特別定額給付金は全国への新型コロナウイルス感染拡大防止のため国の緊急事態宣言発令を受けたもので、4月27日に住民基本台帳に記録された約2万9700世帯約7万6000人を対象としている。
 マイナンバーカードなどを利用した電子申告は5月1日、郵送申請は同15日から申請を受け付け、これまで全体の9割に迫る2万6000世帯以上から申請があった。
 市は3階会議室に受け付け会場を設け、担当職員が休日返上で入力作業にあたっているが、今も郵送申告で本人確認書類(運転免許証や保険証など)や振り込み先銀行口座のコピーが添付・同封されておらず再申請となるケースが少なくない。
 必要書類がない場合は申請完了とならないため、ポストに入れる前に必ず再度確認をと呼びかけている。
 今月5日の振り込み分は概ね先月26日までに市役所に申請書類が到着し、申請完了となった分が該当し、27日以降の到着分は次回6月11日以降の対象となる。
 また、家庭内暴力などで住民票に届けられた住所以外に避難している場合なども、自治体に申し出・相談することで現住所で給付を受けられるため、早めの相談を呼びかけている。
 特別定額給付金に関する問い合わせは、市代表電話(℡75―1111)で「給付金窓口宛て」と伝えると担当者に直接つながる。
 なお、先月28日給付分は、郵送申請が市役所に殺到し対応が間に合わなかったため、20日到着分までの該当と変更されている。