tetteは段階的再開、当面火曜日休館

一部制限付きで利用再開となるtette

 tetteは6月1日からわいわいパークや貸し室、学習ルーム、円谷英二ミュージアムなど利用再開する。新型コロナウイルス感染状況をみながら、全部で4ステップの段階的再開を予定している。開館は午前9時から、閉館は平日と土曜日は午後8時、日曜と祝日は午後6時までで、毎週火曜日は休館にする。
 想定している段階的再開行程のうち現在はステップ2にあたり、ステップ3は休館日(毎月第3火曜日)や開館時間を通常通りに、ステップ4は貸し室制限などを全て無くすものだが、ステップ3以降の再開時期は決まっていない。
 6月から概ね通常通り再開するのは預かりルーム、市民活動サポートセンター、中央図書館(朗読室、グループ資料室は不可)。
 わいわいパークは事前予約制で利用は市内在住の未就学児と保護者に限定、1時間の入場者数を30人までに制限する。
 子育て支援センターは相談業務と子育て支援講座の一部を、貸しルームは換気が難しい音楽室、密集・密接が懸念されるクッキングルームなどが当面利用できない。学習ルームは座席数を減らして人数制限し、定期的な換気を行う。
 円谷英二ミュージアムはネットワークウオールなど一部使用不可で、来場者の人数などにより入場制限をする場合がある。
 また、段階的再開のステップ3までは図書館エリアや交流スペース、サンルーム、テラスの座席数を削減して利用者を制限する。
 各種講座の再開時期は現在検討中だが、昨年も好評を得た館内展示「アンブレラスカイ」は6月6日から参加者を募集し、各自宅で自由に絵などを描いた傘を持ち寄りたいまつホール前などを彩る。
 入場時は検温を実施し、激しいせきやくしゃみ、発熱がある場合は同伴者を含み入場を断る場合もある。名前や連絡先の記入、マスク着用など理解と協力を求めている。