【速報】新型コロナ関連の名誉毀損で須賀川市内男性逮捕

 須賀川署は県警本部生活安全部生活環境課の応援を得て27日午前8時48分、名誉毀損及び業務妨害の疑いで須賀川市東作115―14の会社員渡邉岳司容疑者(54)を逮捕した。
 同署によると、渡邉容疑者は4月2日から3日まで、複数回に渡り携帯電話を使用してインターネット上の掲示板に、あたかも須賀川市内に所在する店舗の関係者が新型コロナウイルスに感染しているかのように虚偽の風説を流布し、同店の名誉を毀損し業務を妨害した。
 被害関係者からの相談を受け、所要の捜査を行った結果、犯行が明らかとなり逮捕した。なお渡邉容疑者は容疑を認めている。
 犯行の動機などについては現在捜査を進めている。