ボータンと一緒に「新しい生活様式」チェック

 須賀川市は市の人気マスコットボータンと一緒に、新型コロナ感染拡大のための「新しい生活様式」チェックシートを作成した。国の対策状況分析・提言をもとに、市企画政策課が市ホームページに掲載している。
 新生活様式チェック項目は①一人ひとりの基本的感染対策②日常生活を営む上での基本的生活様式③日常生活の各場面別の生活様式④働き方の新しいスタイル―4つに分かれる。
 全国的な緊急事態宣言が福島県を含む一部で解除され、福島県は今月8日以降12日間感染者0(20日現在)が続いている。
 須賀川市も4月2日の初発症から7人が感染(5人退院)したが、同9日以降の感染報告はなく、落ち着きを取り戻したようにみえる。
 一方で全国的に宣言解除が国民生活の緩みにつながり、第2波・第3波の到来が懸念されることから、日常的な感染防止を主としたチェックシートを作成した。
 感染防止の3つの基本(身体的距離の確保、マスク着用、手洗い・手指の消毒)や密閉・密集・密接の「3密」回避などを、ボータンと一緒にチェックしながら新生活様式が理解できる作りとなった。
 特に、買い物や食事、公共交通機関の利用、娯楽・スポーツ、冠婚葬祭など親族行事など細かな注意事項をまとめ、各自が取り組むべき方針が示された。
 須賀川市は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「日常生活においても『新しい生活様式』を身に付け、みんなで乗り越えましょう」と呼びかけている。