公共施設など今月末まで概ね利用休止

 須賀川市は15日、新型コロナウイルス緊急事態宣言解除を受けて市対策本部会議を開き、現在概ね休館・利用休止中の市内各施設の利用再開時期などを協議し、16日から図書の貸し出し・返却のみ利用再開となった3図書館など一部を除き、今月いっぱいは利用休止を継続し、再開は6月1日以降となる。
 対策本部会議は今回で11回目、各施設の休館と休止、イベント中止指針の改正など確認した。
 市主催イベントはクラスター(集団感染)が発生する恐れのあるイベントや密閉・密集・密接の「3密」のある集まりは中止または延期、屋外であっても全国的かつ大規模なイベントで感染リスクへの対応が整わない場合は同様の措置とする。
 参加者が50人未満の比較的少人数イベントなどは、内容や時期などを総合的に勘案して開催がやむを得ない場合に限り、適切な感染防止対策を講じた上で実施する。
 イベントを実施する場合は、「3密」回避や感染対策、過去2週間以内に発熱などの症状または感染拡大地域への訪問歴がある人の参加自粛を周知、全参加者の氏名・住所・連絡先把握などの徹底が求められ、この取り組みは当面継続する。
 現在休園中の須賀川牡丹園は来週中頃からの無料開放に向けて準備を進めている。
 各施設の再開予定日、休止期間は次の通り。詳細は市ホームページ参照。
【再開予定日】
▽18日=歴史民俗資料館▽19日=博物館▽20日=藤沼湖周辺施設(レストラン営業は6月1日~、宿泊施設は当面利用休止)、コミュニティプラザ▽6月1日=市内公民館(東、西袋、稲田、小塩江、仁井田、大東、長沼、岩瀬)、市民の森、ふれあいセンター、フラワーセンター▽6月2日=ムシテックワールド、市内体育施設(屋内外施設、武道館、各地域体育館)、芭蕉記念館
【休止期間】
▽31日まで=市庁舎内「市民協働エリア」(みんなのスクエア、ウルトラフロアなど)、tette(音楽室など3密状態となる一部施設は当面貸し出し休止)、市民温泉・いわせ悠久の里(温泉1回入浴のみ利用可)、牡丹会館、老人憩の家、老人福祉センター、長沼老人福祉センター、いわせ老人福祉センター、保健センター、長沼保健センター、長沼東部コミュニティセンター、子育て支援センター(大東・白江こども園内、長沼保育所内)、労働福祉会館▽当面の期間=須賀川牡丹園、産業会館、公園関係遊具施設・運動場など(翠ケ丘公園わんぱく広場、山寺池公園、大黒池防災公園、大滝川公園、牡丹台アメニティゾーン、墓地公園、緑の広場)